Matias 60%キーボード

stump   February 15, 2017   Comments Off on Matias 60%キーボード

Matias Corporationは1990年に設立されたカナダのトロントに拠点を置く電子機器の会社です。アルプススイッチのクローンを採用したマッキントッシュ用のキーボードが有名です。

現在Matiasのホームページから60%キーボードのグループバイ、プレオーダーを受け付けているみたいです。

注文してから順調なら8ヶ月から18ヶ月で受け取れる予定と記載が有ります。ちょっと遠すぎて注文する勇気が湧きませんw

お値段は149ドルから。

 

Matias ホームページ http://matias.ca/60/pc/

Screenshot_2017-02-14_23-06-53

Screenshot_2017-02-14_23-09-38

通常の60%キーボードで省かれる矢印キー、ナビゲーションキーが上記のように詰め込まれています。

Screenshot_2017-02-14_23-12-47

Fnキー+矢印の操作が多めのMac用も用意されているみたいです。

 

Screenshot_2017-02-14_23-16-05

通常版はプラスチックケースですがアップグレードオプションとしてユニボディアルミニウムも用意。 注文フォームでアルミニウムを選択すると290ドル、高いですね、、、。

 

 

Screenshot_2017-02-14_23-20-13

嬉しいのはマウントプレート、PCBがcherryスイッチ、Aplsスイッチ両方に対応している事。

そして自作する人ようにPCBのみ、アルミケースのみ、といったパーツ単体での購入も可能。

2016年の11月に十分な注文が入ったためキーキャップはすべてPBT製を採用、2017年の秋頃に注文分の製造を開始予定らしいです。

Screenshot_2017-02-14_23-45-51

一番下の列のキーはサイズが独特なのでキーキャップのカスタマイズは無理そうですね。

 

 

(Visited 162 times, 1 visits today)