Ducky Shine 5キーボードのキーキャップをPBTに変えてみました。

stump   November 1, 2016   Comments Off on Ducky Shine 5キーボードのキーキャップをPBTに変えてみました。

以前Filcoのキーボード用にmechanicalkeyboard.comから購入したPBTキーキャップ、余っていた分がもったいなかったのでDucky Shine 5に取り付けて見ました。

dsc00578

以前購入したガテロンのPBTキーキャップです。

dsc00601 dsc00585

PBT キーキャップ:

キーキャップに使われる素材の中でも他と比べて硬度、剛性が高い樹脂です。耐薬品性、耐熱性, 摩擦特性に優れてます。しかし成型時に冷やす際、縮小する性質がありABSと比べて加工が難しくコストもかかる為一般のキーボード用キーキャップとして出回ることは少ないようです。

加工の難しさから以前はPBTのダブルショット(二色成型)は作られていなかったそうです。

価格はABSより高いですが丈夫でテカりにくい為、ネットショップなどでもカスタマイズ用としてPBTキーキャップは人気が有ります。

表面が適度にざらついており触れた感覚も心地よいです。

 


キーキャップの素材について興味のある方は ”キーキャップの素材について調べてみました。” のページを見て頂けると嬉しいです。

http://metalstump.com/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%82/


 

 

DSC00442

 

 

DSC00472

元々のキーキャップはABS製の二色形成(ダブルショット)。 LEDライトが文字部分から透過するようになっている物です、少しもったいない気もしましたが気分転換に交換してみました。

 

dsc00752

交換後です。

dsc00753

キーキャップの手触り、打鍵音などはやっぱりPBTのほうが優れていると思いますがデザイン的には前のほうが好きかもしれません。

キーキャップ交換が面倒なので暫くはこのまま使用すると思いますすが。

dsc00761

shine 5

dsc00618

Filco マジェスタッチ

同じ色のキーキャップを使っていても配色の違い、テンキーの有無、フレームの形で雰囲気は随分変わる気がします。

 

(Visited 109 times, 1 visits today)