CSTトラックボール

stump   May 4, 2017   Comments Off on CSTトラックボール

2003年にアメリカ・カルフォルニアに設立されたClearly Superior Technologiesから発売されているCST2545−5w(GL)というトラックボールです。製造もアメリカ国内だそうです。日本ではダイヤテックさんが代理店になっています。

以前から欲しかったトラックボールMassdropで見かけて条件反射的に…

しかしよく考えるとamazonでも普通に手に入りますし、東京に行った時にも店舗で見かけたし。

関税や送料、カナダドルとアメリカドルの換金レートを考えると秋葉原で買っておけば良かったと後悔しました。

商品自体はすごく気に入ってます。

DSC01252

大まかなスペックは以下の通り。

  • 横幅9.5cm
  • 縦幅17.1cm
  • 高さ5cm
  • 高さ(トラックボールを含む)6.75cm
  • 解像度 400, 800,1600
  • 左右ボタン・スクロールホイールとその下に独立したミドルボタン

解像度の変更はミドルボタンを押しながら左クリックで下げ、ミドル+右クリックで上がります。

 

DSC01253

中身はトラックボールマウス本体と保証書、windows専用のソフトウェアのみ。

古臭いデザインは好みが分かれそう。

DSC01261

シンプルで好きなのですがプラスチックで大きさの割には軽く感じられます。個人的な意見ですが高級感はあまりないような。

底にゴムの滑り止めがあり使用中にブレやガタつく感じは全く無いです。

DSC01260

3.5mmジャックが二つ付いているモデルです。他にもジャッック無しや横腹に更に3つのジャックが付いたモデルもあります。

障害を持っている人でも使えるように別売りで足で踏むタイプのスイッチだったりと色々オプションがつけられるみたいです。

cherryスイッチを使った自作の追加ボタンを取り付けることも可能みたいなので調べて挑戦しようと思います。

DSC01262

 

 

DSC01255

LEDモデルなのでトラックボールを触るとこのように青く光り、使用しないと5分で消えます。

スイッチは右と左、スクロールウィールとトラックボールの間に独立したミドルボタンがあります。

DSC01259

 最近赤LEDも登場したみたいです。LED非搭載のモデルもあり値段も若干安めなので迷いましたがあまりにも綺麗なので購入してしまいました。

ボールのサイズが57mmとビリヤードの玉と一緒なので海外のトラックボール愛好家のサイトなどでは色々とカスタムしている方を見かけます。

トラックボール用の玉を自分でデザインして注文できるサイトもありますしハマるとお金がかかりそうです。

DSC01267

底のネジ3つを外すと簡単に上蓋が外せます。中のローラーも単体で購入可能で取り外しも楽なので長く使っていけそうです。

Photo 2017-05-03, 1 27 22 PM

Photo 2017-05-03, 1 28 14 PM

ロジテックの高速スクロールとまではいきませんがスムーズに使えて好印象でした。裏は接着材で固定されています。

Photo 2017-05-03, 1 38 15 PM

ケーブルの長さは180cm。太めでしっかりしていますが柔らかく癖も付きにくそうです。

DSC01269Photo 2017-05-03, 1 27 41 PM

ボールの素材はABS樹脂。

DSC01271

初めてのトラックボールなので操作に若干戸惑いますが慣れれば問題なさそうです。数時間だけネットサーフィンぐらいにしか使っていないので実際の使い勝手は解りませんが、手首に負担が少無い気がします。

しばらく使ってみてまた感想とか書きたいと思います。

(Visited 222 times, 1 visits today)